powered by 地図Z
城名 本佐倉城(別名:将門山城)
住所 〒285-0926
千葉県印旛郡酒々井町本佐倉

〒285-0041
千葉県佐倉市大佐倉
にまたがる
入場時間
入場料
指定文化財 国指定史跡
城郭構造 連郭式平山城
天守構造 なし
築城主 鹿島輔胤
築城年 文明年間(1469〜1468)
主な改修者 千葉氏
主な城主 千葉氏、小笠原吉次、土井利勝
位置 北緯35度43分39.13秒
東経140度15分32.43秒
地図 城山
東山虎口
セッテイ山
荒上
向根古谷
【沿革】
本佐倉城は文明年間に千葉輔胤が千葉本宗家代々の居城である亥鼻城(千葉城)から移転して築城した大規模城郭である。
亥鼻城より水運のある便の良い印旛沼に臨む佐倉の地に居城を移したのである。以来、戦国期千葉氏九代の居城として、改修を繰り返しながら天正18年(1590)の千葉氏が滅亡(小田原陣後に改易)するまで存続する。
徳川氏に接収されて一旦は破却され、代わりに陣屋が設置された。
慶長15年(1610)、軍事上の必要から同地に封じられた小笠原吉次、土井利勝が再び本佐倉城に入って佐倉藩の藩庁が置かれた。
元和元年(1615)、藩庁の佐倉城への移転と一国一城により廃城となった。なお、本佐倉の城下町は酒々井宿に移設されて成田街道の宿場町になった。

【感想】
今回訪れた場所は本佐倉城の一部になる。他にもセッテイ山や荒上、向根古谷と呼ばれる曲輪があるがそちらは南奥虎口からではないと行けないようだ。夏場は草木も生い茂っているため冬場に行くことをお勧めする。
まだ発掘調査が続いているようなのでこれからの整備が楽しみです。
佐倉城と合わせて見学するのが良いでしょう。

登城日 2009年6月20日(土)
LINK 酒々井町公式WEB
本佐倉城-Wikipedia
城主家紋 【月星(九曜に半月)】
(桓武平氏良文流)
千葉家家紋
※俗にいわれる星と三日月を組み合わせた「月星」は、江戸時代以降に成立したもののようだ。

【八つ水車】
土井家家紋

                      

探訪
【本佐倉城址全景】 【東光寺ビョウ碑】
2つの北側に突出するもの見台によって守られた広大な空間になっている。

【虎口】
ここは堀底道のようです。(MAPの
@
【虎口】
階段はあるが虎口かは不明。(MAPA
【南奥虎口】
この道の奥が虎口になる。
【東山虎口付近】
【東山虎口】 【東山虎口】
左側が東山帯曲輪、右側は東山西塁になる。
【東山虎口】
虎口を入って行くと前面は東山馬場になる。
【東山馬場から東山虎口を望む】
【東山馬場から東虎口を望む】 【東山馬場(X郭)】

【堀底道】
目の前には門があった。左側は城山、右はW郭になる。
【W郭】
奥の上段は、倉跡と呼ばれる曲輪。
【大堀切】(MAPB
坂上には木戸があった。左は城山、右は奥の山。
【城山通路】
この通路は城山へ登るための唯一の通路。通路幅は180cm、何度も蛇行して城山虎口へと向かう。
【城山虎口】
城山虎口には左折れの坂虎口の形態をとります。左に直角に曲がる手前門跡が見つかりました。門の左右には塀が連結し、門を入った目の前は土の壁と、その上にはやはり塀が巡っていたことが発掘でわかっています。
【城山(T郭)】
城山は本丸に当たる。
城主がハレの儀式や政務を行った主殿や会所、庭園の跡が発見されている。
【主殿跡】 【櫓跡】 【帯曲輪へ降りるための出入口】(MAPC
四方を塀に囲まれていた。
【城山から見た奥の山】
間は堀切となっており、当時はここに奥の山と行き来するための木橋が架かっていた。
【堀切】
城山からみた堀切。
【奥の山通路】
【奥の山全景】
奥の山は別名妙見郭とも呼ばれています。発掘調査によって14m四方の基壇が見つかっており妙見宮の跡と思われます。本佐倉城の城主はここで元服しており、妙見様は千葉氏の守護神とされています。
【妙見宮跡】 【奥の山(U郭)】
二の丸に相当。
【奥の山から見た城山】 【根小屋に下りる通路】(MAPD
奥の山と倉跡の間にある。
ここを下ると根小屋と呼ばれる郭になっているが、今は私有地のようです。
【通路下方向より】
【倉跡(V郭)】
三の丸の相当。
その名の通り倉庫群が存在したと考えられます。確認調査によって掘立柱建物が広範囲に分布することが分かっています。また炭化した米が多く見つかっています。その他には、供膳具や調理具、貯蔵具なども多く見つかっている。
【諏訪神社】
倉跡の一角に建つ。
【諏訪神社】(MAPE



Back



inserted by FC2 system