powered by 地図Z
城名 菅谷館(城)
住所 〒355-0221
埼玉県比企郡嵐山町大字菅谷757
入場時間 埼玉県立嵐山史跡の博物館
午前9時〜午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日:月曜日、年始年末12/29〜1/3)
入場料 一般:100円、高校生・学生:50円
中学生以下・65歳以上の方は無料
指定文化財 国指定史跡
(比企城館群の一つとして指定)
城郭構造 半輪郭式平城
天守構造 なし
築城主 畠山重忠
築城年

不明(平安末期〜鎌倉初期)

主な改修者
主な城主 畠山氏
位置 北緯36度2分9秒
東経139度19分19秒
地図 本郭
二ノ郭
畠山重忠公像
木橋・正てん門跡
搦手門跡
【沿革】
菅谷館跡は、関東の有力豪族である畠山氏の館に起源をもつ、中世の重要な遺跡です。
元久2年(1205)武蔵二俣川の合戦の際、畠山重忠は「菅谷館」から出発したと鎌倉幕府の記録である「吾妻鏡」に書かれています。また、室町時代の漢詩文集「梅花無尽蔵」によると長享2年(1488)に、山内・扇谷の両上杉氏がこの須賀谷原で戦い、戦死者七百人、馬は数百匹が倒れたと記され、館付近の戦いの激しさを伝えています。
現在の遺構は、本郭、二ノ郭、三ノ郭などと、それらを防衛する土塁、空堀などからなり、このような姿になったのは戦国時代のことと考えられています。
                                     (城内案内板より)


【感想】
あまり中世の知識はないのですがここを見て畠山重忠に興味がわきました。
堀や土塁は良好に残っているので良かったです。また博物館には資料等もあり、比企城館群を周るには最適なところでした。
登城日 一回目:2009年7月5日(日)
二回目:2010年5月30日(日)
LINK 埼玉県立嵐山史跡の博物館HP
菅谷館-Wikipedia
城主家紋 【二つ引両】
(清和源氏足利氏流)
畠山家家紋(源氏姓)
【小紋村濃】
(秩父一族)
畠山家家紋(平氏姓)

                      

探訪
【菅谷館碑】
この場所は埼玉県立嵐山史跡の博物館の入口になっていますが、搦手門付近になります。
【泥田掘跡】
現在の熊谷バイパスの敷地になっている部分は自然の谷を利用して作った泥田堀で、菅谷館跡の外堀の役目を果たしていました。

【二重土塁】
左側がわずかな高まりになっており発掘調査によって土塁であるとわかりました。この土塁は、右側の高い土塁と合わせて二重の土塁となっています。
【搦手門と土橋跡】
城の裏門に当たる搦手門にあたります。搦手門の幅は約4間(7m)あります。
【もう一つの登城口】
ここは整備用に土塁を切った場所の様です。本来はなかった入口。ここから入って右が三ノ郭になります。
【土塁】
入口付近からみた土塁。
【三ノ郭】
搦手門を入って東西に広がる平地が三ノ郭です。この広い郭は武士や騎馬の集合地として利用されていたと思われる。
【埼玉県立嵐山史跡の博物館】
三ノ郭内に建っています。
【三ノ郭東側土塁】
博物館に入らず左に曲がって行くと土塁が続いています。
【三ノ郭東側にある外堀跡】
今は灌漑用水路?になっている。この向こう側は外郭にあたる。

【井戸跡と建物跡】
ここも三ノ郭になります。
【井戸跡】

【建物跡】
建物は2か所確認されました。
【菅谷館模型】 【空堀道】
左側が空堀道。ここは三ノ郭から二ノ郭に通する連絡路と推定されます。この連絡路が幅が狭く、入り組んでいて、敵軍が二ノ郭に簡単に侵入できないよう工夫されている。
【堀跡】
二ノ郭と三ノ郭の間には3.5m〜6mもある土塁により隔てられていました。この部分は復原になり通路になっている。
【二ノ郭跡】
本郭の北側と西側を囲むように配置されています。
【本郭入口付近に立つ碑と案内板】
【堀】
二ノ郭の堀、池のようになっている。
重忠像の左側。
【畠山重忠公像】
平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。鎌倉幕府の有力御家人。源頼朝の挙兵に際して当初は敵対するが、のちに臣従して治承・寿永の乱で活躍。知勇兼備の武将として常に先陣を務め、幕府創業の功臣として重きをなした。
しかし、頼朝の没後に実権を握った初代執権北条時政の謀略によって謀反の疑いをかけられ、一族とともに滅ぼされた(畠山重忠の乱)。
存命中から武勇の誉れ高く、その清廉潔白な人柄で「坂東武士の鑑」と称された。
【堀】
二ノ郭の堀、池のようになっている。
重忠像の右側。
【三ノ郭から二ノ郭へ渡る木橋、門跡】 【本郭堀と出枡形土塁】
本郭虎口の土橋が見てわかる。
【本郭堀と出枡形土塁】
【本郭の出枡形土塁】 【本郭・虎口】
ここは土橋になっている。
【本郭】
現存する菅谷館は戦国時代に整備拡張されましたが、畠山重忠の館もおそらく、この郭の中に作られていたと思われます。
【本郭内の歌碑?】
「秩嶺蒼く槻川注ぐ先賢之風山高木長」と書かれている。
【本郭土塁】
【本郭堀底】
土塁が低かった場所が虎口と思い進んだら堀底でした。本来は入ってはいけない場所です。
【本郭堀底】 【二ノ郭に建つ忠魂碑】
二ノ郭西側。
【二ノ郭西側】
【南ノ郭】
本郭の南側に位置し、他の郭よりいと段低くなっている。
【南郭虎口】
ここから南側に流れる都幾川(ホタルの里)に出られる。
【本郭南側虎口】
堀の向こうが南ノ郭になる。
【蔀(しとみ)土塁】
この土塁は、西ノの郭から三ノ郭内部の様子を直接見通せないようにつくられたものです。
【正てん門と木橋】
ここは三ノ郭の出入口で幅が約5間(9m)あります。発掘調査の結果、西ノ郭より約1m高く盛土していたことがわかりました。この盛土は、西ノ郭へ渡した木橋に傾斜をつけ、敵軍の侵入が困難となるように工夫したものと思われます。
【何段にもなった複雑な形状の堀底と高い土塁】
【西ノ郭】
この奥はオオムラサキの森につながる。



Back



inserted by FC2 system