powered by 地図Z
城名 岸和田城(別名:千亀利城)
住所 〒596-0073
大阪府岸和田市岸城9番1号
入場時間 午前10時〜午後5時(入場午後4時まで)
休館日:月曜日
    12月30日〜翌年1月4日
入場料
大人:300円、中学生以下無料
指定文化財 大阪府史跡
城郭構造 輪郭式平城
天守構造 複合式層塔型5重5階(1619年改)
現在:復興天守(1954年再)
築城主 信濃泰義(推定)
築城年 応永年間(1394年-1428年)
主な改修者 三好義賢、小出秀政、岡部宣勝
主な城主 小出氏、岡部氏
位置 北緯34度27分31.74秒
東経135度22分14.81秒
地図 多聞櫓・隅櫓
櫓門
搦手門
伏見櫓跡
ニの丸多聞櫓
【沿革】
岸和田城がいつ、誰によって建てられたかのか食うわシイことはまだ分かったいませんが、戦国時代末期(16世紀半ば)には、当時泉州地域を治めた松浦氏の居城となっていました。
織田信長の家臣津田信張・蜂屋頼隆がしばらく在城した後、羽柴秀吉は家臣ん中村一氏を岸和田城主とし、紀州の根来寺や雑賀衆への押さえとしました。一氏は紀州勢の大軍を相手に城を守り抜き、天正13年(1585)、秀吉は岸和田城を拠点として根来寺を焼き討ちして、泉州地域から根来勢力を一掃しました。その後、秀吉は叔父の小出秀政を城主とし、秀政は城下町と城郭の整備にかかり、天守閣も秀政によって建てられました。
豊臣氏滅亡後、松平(松井)氏二代を経て、寛永17年(1640)、摂津高槻から岡部宣勝が入城し、以後、明治維新まで岡部氏が13代にわたって岸和田藩5万3千国を治めました。江戸時代の岸和田城は、大阪の南の守りとして、幕府の西国支配に重要な役割を果たしました。
この間、文政10年(1872)、落雷によって天守閣は焼失し、以後長らく再建されませんでしたが、昭和29年、鉄筋コンクリート造りで3層の天守閣が再建され、また昭和44年に城壁と櫓が再建されました。

【感想】
搦手側から堀越しに見ると特徴の一つ犬走りも見える。
本丸内には搦手の門があるが閉まっているのが残念でした。
 
登城日 2009年3月24日(火)
 LINK 岸和田市公式HP
岸和田城-Wikipedia
城主家紋 【額に二八文字】
(藤原南家二階堂流)
小出家家紋
【左三つ巴】
(藤原南家工藤氏流)
岡部家家紋

                      

 探訪
【岸和田城址碑】
岸和田市役所の一画にある。
【ニの丸石垣と堀】 【ニの丸石垣・心技館と堀】
【本丸】 【復興隅櫓】 【本丸大手側】
【ニの丸全景】 【現在の二の丸跡ある心技館(御殿風復興建物)】 【伏見櫓跡】
【本丸大手・櫓門跡】 【弓狭間】 【本丸登城道】
【本丸・八陣の庭】 【天守閣と小天守】 【天守閣と小天守】
【天守閣と小天守】
本丸搦手側
【本丸・搦手門】 【本丸・搦手門の外側】
【復興弓鉄砲挟間】 【搦手側より天守閣】 【桜と石垣】
【天守閣からの眺望】
正面は関西国際空港。
【ニの丸多聞櫓】
現在は公衆トイレになっている。
【本丸搦手側】
搦手門を出ると犬走りがある。
【本丸搦手側】
搦手門を出ると犬走りがある。
【本丸搦手門】 【本丸と天守閣】




Back



inserted by FC2 system